文庫版 『きんたまの話』 吉田仁
文庫版 『きんたまの話』 吉田仁

¥ 1,500

SOLD OUT

【重要】 現在、品切れ中。 Amazon から 電子書籍版 を販売しています。 ご利用ください。

      https://www.amazon.co.jp/%E5%90%89%E7%94%B0%E4%BB%81/e/B00J1DTF80/ref=ntt_dp_epwbk_0

☆ ワイセツ文書に非ず!(笑)珍無類きんたま雑記

☆ 文庫判  ペーパーバック(並製):カラー表紙で、カバーや帯は無し  縦組み  200頁  10ポ×12行×36字

☆ 送料無料(国内のみ)
 
☆ 目次より

きんたま
きんたまぶくろ
きゃんたま
ギンナン
桃の種
作文
パロディ
たんたんたぬき
ふりちん
またんき
玉なし裁判
土佐の女
龍馬の手紙
片きん
肝っ玉
暗号
ホーデン侍従
法典
キンタマーニ
金玉落としの谷
干し柿
急性膀胱炎
呼び方
きんたまの語源1~3
睾丸
右か左か
お住まいは……
金癖(きんぐせ)
豚のきんたま
空冷式
パンツ
ブリーフ
うごめく陰嚢
陰毛
イヌノフグリ
犬のふぐり
子のふぐり
卒寿のふぐり
手拭いにきんたま
金玉引き
良寛の俳句
タマミガキ焼酎
よみ人知らず
美少年とタマ自慢
放送禁止歌
四文字言葉
不敬落書き
筒井康隆の「陰悩録」
和製漢字
へのこ
尻子玉
ニコタマ
ダルマサンガ転ンダ
誤読
看板
旗竿
ラクダのきんたま
法王のきんたま
おいなりさん
新メニュー
おんたま
去勢・きん抜き
カストラート
宦官(かんがん)
羅切(らせつ)
玉茎(ぎょっけい)
玉茎検知の事
奥家老
山の牡蠣
きんたまの串刺し
炉端焼き
また一杯
信楽(しがらき)の狸
子狸
狸のきんたま八畳敷き
ゴールドビーターズ・スキン
玄海町の民話
円光院の狸
むじな
金的蹴り・玉攻め
けえっぺ
そうは行かのきんたま
烏賊のきんたま
二・二六事件秘話
ぶら金
ふるちん
のば
きんたま握り
金玉火鉢
きんたま探り
上がったり下がったり
縮み上がる
きんちぢみ
誤植
フランス語
サラミ
なぞなぞ
玉筋魚
北杜夫
アボカド
いんきん
ムヒ
玉の御膚(おんはだ)
正岡子規の句
こぶきん
おなめのきんたま
金隠し
金閣寺
寅さんの名ゼリフ

文庫版 『誤植の話』 吉田仁
文庫版 『誤植の話』 吉田仁

¥ 1,500

☆ おもしろい誤植の話ばかりを紹介した雑文集!

☆ 文庫判  ペーパーバック(並製):カラー表紙で、カバーや帯は無し  縦組み  288ページ  9ポ×38字×13行

☆ 送料無料(国内のみ)

☆ 目次より

序 章 万太郎の名句
第1章 誤植の饗宴
第2章 誤植名言集
第3章 作家と誤植
 1 誤植を歌った短歌
 2 校正者啄木
 3 啄木、誤植に泣く?
 4 ある校正の手引き書
 5 マーク・トゥエインの皮肉
 6 啄木と漱石
 7 漱石の「珍本」
 8 寺田寅彦の名言
 9 漱石「先生」
 10 漱石いわく
 11 露伴いわく
 12 「戦争から来た行違い」
 13 与謝野晶子の赤面
 14 馬券が馬琴に化けた話
 15 宮廷注意
 16 誤植訂正の号外
 17 「校正おそるべし」の用例
 18 後世か後生か
 19 ベテラン校正者の告白
 20 校正の神さまと永井荷風
 21 福地桜痴の貼り紙
 22 桜痴か緑雨か
 23 月の鶉
 24 小説の出だし
 25 誤植でペンネームをかえる
 26 作家の不幸
 27 サン=テグジュペリの紙幣
 28 菊池寛のチ
 29 人名誤植の防ぎ方
 30 アクタガワ・リュウノカイ
 31 浮雲乗い
 32 啄木のプラタス
第4章 誤植メモ帳
 タイポ
 終学旅行
 COUTION...
 かえすがえすも残念
 ぜいたくは素敵だ!
 長島茂雄は永久に
 二千円札の誤植
 暗記法
 疑問出し
 荒々しく抱くはずが…
 本州最東端
 肉迫
 ゴは娯楽の娯
 ゴキブリは誤記振り
 嗚呼、誤植も人の世も…
付録 誤植オン・パレード
あとがき

文庫版 『詞集 青に還る』 吉田仁
文庫版 『詞集 青に還る』 吉田仁

¥ 1,500

☆ 詩のようなもの280篇ほどを集めた小さな紙碑
 
☆ 文庫判  ペーパーバック(並製):カラー表紙で、カバーや帯は無し  縦組み  224ページ
 
  
† 青に還る

死んだら青い空になる
死んだら青い海になる
燃え殻は 捨ててくれ
死んだら空の青に還る
死んだら海の青に還る


☆「詞集」について――
詞集の詞は
詩の誤植ではない
つづったことばは
そのときどきによって
句のようであり
歌のようであり
詩のようであり
落書きのようであり
なんでもないもののようにも見えた
280篇ほどの「なになにのようなもの」
それが結局なんであるのか
いまだによくわからない
名づけようがないので
詞(ことば)の集まり――
詞集(ししゅう)とした

文庫版 『宮古弁小辞典』 吉田仁 編
文庫版 『宮古弁小辞典』 吉田仁 編

¥ 1,500

☆ みちのく宮古の方言集
  たますぽうろぎ ―― 魂をゆさぶる ふるさとの言葉

☆ 文庫判  ペーパーバック(並製):カラー表紙で、カバーや帯は無し  横組み  224ページ  9ポ×22字×22行  50音順

☆ 送料無料(国内のみ)

文庫版 『宮古伝説 1』 吉田仁
文庫版 『宮古伝説 1』 吉田仁

¥ 1,500

☆ みちのく宮古にまつわる奇譚の数かず――第1集54話

☆ 文庫判  ペーパーバック(並製):カラー表紙で、カバーや帯は無し  縦組み  240ページ  9ポ×39字×13行

☆ 送料無料(国内のみ)

☆ 目次より
はじめに 7
津軽石 9
鮭の又兵衛さん 14
赤前は昼前 19
黄金淵 25
石浜の石っこ 30
追切 34
宮古湾の主 39
オシャラク島 42
磯鶏と千鶏 47
チョーッケーッオーッ 50
音羽姫 53
お松が淵 56
浮島池 60
宮古海戦 63
たすき 69
コーセーさま 73
啄木うどん 78
おつゆ女房 80
怪盗ワセゴン 86
オスラサマ 91
ヌガボー 96
ヌガボーとリンゴバナ 101
捨てられたヌガボー 105
髪長姫 110
長根寺の化け猫 117
尾玉さま 122
尾玉さまとお姫さま 126
夜這い仁王 131
黒雲雷八 135
タコーラの姉妹 139
山姥 ― 念仏峠 145
山姥の糸巻き 149
山姥の最期 153
駒止めの桜 158
正清の宝もの 163
トクサ畑で 168
アリヤ沼 172
デエゴ泥棒 176
カヅキの辰 181
海の六地蔵 185
オガンブヅ 191
機織り滝 195
狐の「あっかんべえ」 199
ひなりっこ 202
閉伊川太郎 204
白ひげの翁 206
流れついた山 208
八幡さまの話 209
逆さいちょう 216
ノデ山・ノド山 218
小野小町が宮古にいた 221
沖の井 224
八戸穴 228
潮吹き穴 233
 

文庫版 『宮古伝説 2』 吉田仁
文庫版 『宮古伝説 2』 吉田仁

¥ 1,500

☆ みちのく宮古にまつわる奇譚の数かず――第2集60話

☆ 文庫判  ペーパーバック(並製):カラー表紙で、カバーや帯は無し  縦組み  232ページ  9ポ×39字×13行

☆ 送料無料(国内のみ)

☆ 目次より
淵の底の娘 7
小さな石臼 11
腹帯ノ淵 14
大淵の大雨 17
ナメ流し 19
狸の旦那 21
狸の女 25
仕返し 29
川井の大男 33
ニーロンとアズミ 37
寄生木 41
イタコ石 49
オロチ 53
夜の黒森さん 57
水争い 62
大いなる旅路 66
平片の滝 71
タムラマロ 75
隠れ里 78
スネコタンペコ 80
龍沢立つ子 87
河童の詫び証文 91
口のない嫁っこ 98
犬石 107
一ツ目の青鬼 111
かまりっこ・音っこ 122
ドンコ 125
かきくけこ 126
ダンス 128
カズンズ 130
代官 132
小さな親切 133
カレー 134
マガレー 135
枕返し 136
ヨダ 137
ヨダ――二つで一つの話1 139
船幽霊――二つで一つの話2 144
海の亡霊 149
狐のミイラ 154
狐の名所 157
モーコが来っつぉ! 160
ホドゲさまの通り道 162
頭に柿の木 164
トンコロリン 168
柿入道 171
ラサの煙突 174
煙突山の沼 175
河童の話 179
学校の怪談 185
ケサランパサラン 188
イダゴ墓 190
きりなしばなし1 194
きりなしばなし2 196
きりなしばなし3 198
天狗笑い 200
一本杉の天狗 205
天狗のグウ 209
鼻折れ天狗 214
天狗のすもう 221
おわりに 228